Sponsored Links

デジタルカメラの選び方

何に注意してデジタルカメラを選べばよいのでしょうか?

1:携帯性
2:被写体(何を撮りたいのか)
3:画素数
4:記憶媒体(メモリーの形状・方式)
5:価格

簡単にこの5つの項目に別れます。



では画素数とは?

デジタルカメラの商品説明で”400万画素”とか”3メガピクセル”とか表記してあるのが画素数。またはピクセル(pixel)とも呼ばれます。

画素数とは、デジタル画像を構成する最小単位のことで、この単位が高ければ高いほど性能のよいデジカメといえます。

つまり、デジタルで画像がきれいに撮れるということ。
印刷した場合にその違いははっきりと現れます。

しかし単純に高性能(画素数の多いもの)のデジカメがよいのでしょうか?
 デジタルカメラは、画像を記憶してデジタルに変換するための機器です。
画素数が多いほど記録する情報量が多くなるために、デジタルカメラ本体のサイズだけでなく、記録用の媒体も大容量が必要となります。

携帯性を考えたとき、常に持ち歩くのであれば、軽量、コンパクトなほどよいのは言うまでもありません。
(ですが、逆に小さすぎると扱い辛くなってしまいます。)

そして、画素数はデジカメの画像処理能力にも影響してきます。画素数が多い(情報が多い)ほど処理に掛かる時間的ロスが増え、次のシャッターチャンスを逃してしまうということになりかねません。

そして価格の面でも画素数が多いほど、デジカメの値段は高くなります。

また、デジカメで撮った画像をどう活用するか?それににより、画素数を考える必要もあります。

例えば、
デジカメで撮った画像をパソコンやテレビに標示して楽しみたい。
デジカメ写真をプリンターで大きく印刷したい。
メールで送ったり、ホームページで見られるようにしたい。

などなど、デジタルの画像は、色々な使い方がありますが、デジカメで撮った風景画像を、プリンターでA4サイズで印刷するのと、ホームページで見られるようにするのとでは、必要な画素数は違う。

つまり大画面でデジタル画像をみたり、印刷をするのなら、画素数が多いほどよく、メールなど、パソコン上で画像を扱う場合には、それほど多い画素数は必要とはしません。

画素数の低いデジカメ(130万画素)で撮った画像をA4で印刷した場合、輪郭など少しぼやけた感じになってしまう。(デジカメの性能が足りない。)
逆に画素数の高いデジカメ(600万画素)で撮った画像をホームページで観覧できるようにしても、標示されるのに時間がかかり、画面からははみ出てしまう。(デジカメの性能が高すぎる。)

このように、自分がどう活用したいのかで、選択するデジタルカメラの機種は絞られてくると思います。


また、デジタル一眼レフの登場により、デジタルカメラの楽しみの幅が、さらに広くなりました。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3014576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ビックカメラ店舗情報
Excerpt: 全国のビックカメラの店舗情報です
Weblog: ビックカメラ店舗情報
Tracked: 2007-01-17 20:47

ピクセル・画素とは?
Excerpt: ピクセル・画素 ピクセル (pixel) とはコンピュータで画像を扱うときの最小...
Weblog: 花名所めぐり
Tracked: 2007-01-31 21:18

カメラ キタムラ
Excerpt: カメラ キタムラについての情報サイトです。
Weblog: カメラ キタムラ
Tracked: 2007-03-03 16:08

Sponsored Links