Sponsored Links

除湿機の選び方

除湿機の登場による快適生活
とかく湿気の多い日本の風土では、古来よりその生活様式も、自然と風土に合わせたものでした。
なつ涼しく、冬は暖かい日本の住居などは、湿気にも強い構造を持っていました。しかし、住居を初め、衣類や食文化も様々な様式が取り入れられ、けして日本の風土には適さないような洋式文化も取り入れられてきました。
それにより、湿気の多い日本では、お世辞にも快適とはいえないものが多く存在するようになりました。

しかし、除湿機の登場により、これらのものを解決出来るようになったのです。

本来除湿機とは、室内の湿度を下げるためにしようされる空気調和設備のことです。多湿による人の不快感を柔らげたり、衣類の乾燥を早めたりすることが出来ます。

家庭で使用される除湿機は、除湿乾燥機ともよばれ、業務用除湿機と比べ、小型で移動が楽なことが特徴です。

除湿機の除湿方式
大きく分けて除湿機には三つの除湿方式があります。

年間を通して使用するなら、デシカント方式と呼ばれるゼオライト(乾燥剤)を使用して水分を取り除く方式が、低温でも除湿力があり、冬でも使用できます。ただ消費電力が大きいのが難点です。

コンプレッサー方式除湿機は、25度以上の高温時の除湿能力に優れており、除湿量も多く梅雨時でも除湿効果が期待できます。また、デシカント方式より消費電力が低く経済的といえます。しかし、コンプレッサーを使用しているため、騒音が気になる場所では使用を控えないといけません。

上記二つの方式の長所をあわせた、ハイブリットタイプの除湿機もありますが、価格は高くなります。

メーカー別の特徴
大手電機メーカーの除湿機の特徴を簡単にまとめてみました。

日立の除湿機は、衣類や布団の乾燥能力が優れており、製品によっては約55分で洗濯した衣類を乾燥させる事が出来ます。
また、操作性にも優れており、取り扱いが簡単なことも特徴です。

タバコや焼肉などの後で、衣類の臭いがきになるのなら、三菱の除湿機がおすすめです。スーツやジャケット、ジーンズなど、洗濯すると型崩れする衣類でも、臭いの成分を包み込み、ハーブ湿風でとばすという独自の方式で衣類をリフレッシュしてくれます。

ナショナルの除湿機の特徴として、除菌乾燥とよばれる、部屋の臭いの元となる湿った空気を除菌する機能があります。2007年はるには冷風と衣類の乾燥が、同時に出来る製品も登場します。

シャープの除湿機は、除菌イオンというイオン効果のある空気を放出する除湿機で、アレルギーの原因となるダニ粉塵や花粉を除去する性能を備えた除湿機です。この除菌イオンはカビやウィルスの除去にも効果があり、小さなお子さんやペットのいる家庭ではその性能を発揮してくれるでしょう。

このように、一口に除湿機といっても、除湿だけでなく、各メーカーが除湿機にそれぞれ独自の機能や効果を持たせており、自分の生活環境にあった除湿機を選択することが大切です。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3434358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

コンデンス除湿機
Excerpt: コンデンス除湿機は濡れたシャツをなんと10分で乾かしてしまう。 ところでコンデンスって何?
Weblog: コンデンス除湿機 激安雑貨通販カタログ
Tracked: 2007-03-16 20:22

除湿機の除湿方式別の特徴
Excerpt: 除湿機の除湿方式には大別すると、冷却方式、圧縮方式、吸着方式、吸収方式に分けられます。ここでは、除湿機の除湿方式の紹介と、それぞれの特徴を見てゆきます。
Weblog: 除湿機を最大活用!除湿対策委員会
Tracked: 2007-08-14 23:37

Sponsored Links